So-net無料ブログ作成
声のお仕事依頼・商品レビュー依頼等、
各種お問い合わせはメールフォームからお願いいたします[るんるん]
mail_mark2.gif

あきゅらいず美養品「すはだの学校」 [ブログレポート・コスメ・美容]

三鷹にある自然派化粧品『あきゅらいず』
 
化粧品のことを”美養品”と呼んでいます。
 
あきゅらいずで行われている「すはだの学校」へ
体験入学してきました!
 
講義を聞いて、 ”美養品”を使った体験実習を受けました。
CIMG8062_s.jpg
 右にいらっしゃるのがあきゅらいずの代表南沢典子さん。
 
あきゅらいずの社員さんはみなすっぴんメイクなんですが
 お若いこともあり、お肌がキレイでした。
 
 
IMG_8741_s.jpg
 
あきゅらいずの考え方は、 2:8(にはち)の法則
 
 健やかな身体を目指すには
お肌のケアが2割
体のケアが8割なのだそう。
 
これを「いいかげんの法則」と言っています。
悪い方の意味ではなくて「良い加減」という意味です。
 
お肌は体を写す鏡の役割を持っています。
体が健康でないとお肌も調子が悪くなってしまいます。
 
美肌を作るには基本的なスキンケアが2
正しい食生活や暮らしの工夫が8を継続的に行うとよいそうです。
 
 
・・・という講義を受けまして、 次に実習を受けました。
 
 
ホホバオイルでメイクを落として洗顔します。
CIMG8066_s.jpg
 
メイクは落とし過ぎに注意なのです。
一般的なクレンジングオイルはメイクが良く落ちますが、
肌に必要な皮脂まで落としてしまうので、多用するのは
注意が必要です。
 
ホホボオイルは保湿効果もあるオイルなので、
お肌に優しいのですよ。
CIMG8064_s.jpg
 
オイルでメイクを落としたら、泡石(ほうせき)という石鹸で洗顔しました。
(手が泡だらけになり、写真は撮っていません)
 
まず手の油分をしっかり落としてから
泡石を泡立てていきます。
お茶を立てるように手のひらの泡をシャカシャカと
撹拌して滑らかな泡ができるまで泡立てます。
(泡立てネットを使ってもOK)
 
できた泡をお顔の東西南北に沿って点々と置いていきます。
つまり、左頬、右頬、おでこ、あごと。
そしてこすらずに、泡を転がすようにやさしく洗う、と。
 
洗顔のお湯はぬるま湯で!33度くらいがベスト。
 
 
洗顔後、 水気を拭き取らない内にスクラブを使います。
 
「優すくらぶ」です。
CIMG8068_s.jpg
 中指の1.5関節分くらいチューブから出すのが目安です。
優すくらぶもお顔の東西南北の順に置いていきます。
 
そして顔の中心から外側に向かってくるくると
やさしくマッサージ。 こすっちゃダメよ~
 
そして30秒ほどしばしパック。
手のひらで押さえこむようにすると効果的。
ぬるま湯(33度くらい)でよくすすぎ、冷水で引き締める!
 
 
 
基礎化粧品はこの1本だけ!!
 
「秀くりーむ」をまたまたお顔の東西南北に置いて伸ばします。
CIMG8067_s.jpg
 使用する量は、お肌の状態によって調節します。
乾燥が気になる時はたっぷりめに使います。
 
 
溶かしたチョコレート状のドロっとした液を見せていただきました。
CIMG8070_s.jpg
これがあきゅらいずの美養品の要、自然の植物から抽出した成分を
凝縮したエキスの塊なのです。
 
あきゅあらいずの美養品には香料は使われておらず
このエキスのほのかな香りがします。
なんて表現したらいいのかな?
強いて例えるならハーブティーっぽいかも。
 
 
あきゅらいずは秀くーむで保湿をしたらお手入れは終了!
メイクはお粉のみ!!
食べられる成分も入っていてお肌に優しいお粉をパフで付けます。
CIMG8073_s.jpg
 
 メイクも超自然体なんですね。
 
決め手は「まゆげ」
 
超薄化粧にまゆげをしっかり描くというのにびっくり!!
まゆげなのか・・・
 
幸い私の眉毛は何もしない状態でも整っているので
あまり手を加えなくてOKなのですが、
まばらになっている部分を埋めていくと若々しくなるというので
毛の隙間を埋めるように描きました!
 
 
このスキンケアを実践していくと、
肌を甘やかさない事になって自然治癒力がアップするようです。
 
アトピー肌やニキビ肌の人の状態が良くなったそうですよ。
 
 
飛び入りで、あきゅらいずのアンバサダーをしてる
フットサル日本代表・Fリーグ・府中アスレティックFC所属の
皆本 晃選手のお話を聞きました。
 
スポーツ選手なので、食事には気を付けていたのですが
ニキビや肌荒れが酷かった時期があたっそうです。
そこであきゅらいずの美養品を使ったところ、
肌の状態が良くなったとの事。
CIMG8078_s.jpg
シンプルなスキンケアであるし、男性も使いやすいと思いました。
 
 
 
私は絶対焼きたくないのでUV対策はしたいし
シミや毛穴を隠したいからファンデーションは絶対使います。
でも、お出かけしない日はあきゅらいずのスキンケアを
実践するのもいいかなって思いました。
 
 
お手入れをどうするかは、宗教と同じじゃないかなぁって思います。
信じるものは救われる・・・。
自分が良いと信じた方法を実践すればよいのですよね。
 
 
 
あきゅらいずでは美養品を購入すると、
「すはだプログラム」という
サポートケアををおこなってくれるのです。
CIMG8253_s.jpg
 
 
私の肌歴史というシートに必要事項を記入して
あきゅらいずに送付します。
CIMG8250_s.jpg
 
CIMG8248_s.jpg
 
CIMG8249_s.jpg
 
CIMG8252_s.jpg
 
 
そして電話にて初回のカウンセリングを受けるんです。
 
 
家では「わたしかげんのおと」を毎日記録します。
CIMG8281_s.jpg
 
CIMG8282_s.jpg
 
 
起床、就寝時間、食事記録、肌と体の状態、お肌のケアを記録します。
エステ日記みたいです~~
CIMG8283_s.jpg
お肌の調子が悪かったりすると、
この記録から原因を探り出し、改善すればいいのです。
 
まぁ、私は生活時間がメチャクチャなので
もっと規則正しくすればよいのでしょうけど。
あまり肌トラブルなく過ごしているのは両親に感謝するしかないですね。
熱心にケアをしなくてもそこそこ維持しています(^_^;)
 
 
「わたしかげんのぉと」にはあきゅらいずの美養品の使い方も
詳しく掲載されていますので、復習するのにも便利です。
 
 
また来月「すはだの学校」へ行ってきますので、
続きをレポしまーす!!
 
 
 


【あきゅらいず美養品】のモニターに参加中

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

[ ブログランキングへ投票! ]
↑ ぽちっとな ↑
よろしくお願いしま~す♪
 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ