So-net無料ブログ作成
声のお仕事依頼・商品レビュー依頼等、
各種お問い合わせはメールフォームからお願いいたします[るんるん]
mail_mark2.gif

実録・海外旅行でスリに財布を盗まれた!その事後処理法 [ 花蓮・台北2014.12]

2014.12月の台湾旅行中、九份でスリに遭い
お財布を盗まれてしまいました。(>。<)
 いつスられたのか分からないくらい犯行は巧妙でした。
まあ、相手は盗みのプロでしょうから。
 
お財布に入っていた現金、クレジットカード4枚、
お財布自体イタリア旅行の際購入したプラダの長財布で
かなりの痛手です。
 
九份は雨が降っていて、写真撮影のスポットで
片手に傘、もう片手にカメラかスマホを持っていたので
肘かけのバッグに注意できなかったのが敗因です。
いつも使っていた身体に斜め掛けできるバッグを
持って行かなかったのも敗因でした。
 
 
財布と引き換えに撮れた九份の写真w
_1130559_2.jpg
 
_1130604_s.jpg
 
 
加えて運の悪い事に、花蓮から台北に移動してきて
ホテルにチェックインせず、直接九份へ向かった為
お財布やパスポートをセーフティBOXへ預けられず
そのまま持ち歩いていたのも失敗の要因です。
 
 
あまりに巧妙だったため、スられていたのに気いづいたのは
九份から戻り、ホテルにチェックインしてから
近所のスーパーにお買物に行った時のこと。
会計をしようとしたらお財布がない事に気づきました。
その時は、ホテルに置き忘れたのだろうと思ったのです。
 
で、ホテルへ戻り財布が無いか荷物を全部ひっくり返して
調べたところ出てこない。
いよいよこれはスリに遭ったのではないかと思って
スマホや持って来ていたPCでカード会社を調べて
国際電話をかけて不正利用がなかったか聞いてみました。
 
住友VISA・・・やられていました。
セゾンアメックス・・・被害なし。
JCBカード・・・やられていました。
セゾンクラブON・・・被害なし。
 
4枚持っていたカードのうち、2枚不正利用されており
その金額は合計100万円近く。
2~3時間の間に色々な店で買い物を繰り返していたようです。
 
何時何分にいくら使われたのか、一応メモをとっておきました。
(これは後に証拠品となりました)
カード会社には夜中ではあったけれど、
ただちにカード使用停止の措置をとってもらいました。
 
そして言われた事は、不正利用の補償に必要な
「ポリスレポートをもらって来てください」との事。
所謂被害届です。
 
その時のツアーは現地ガイドさんがいらしたので、
すぐ電話を入れましたが、夜中だったので通じず。
翌朝電話して、警察に同行してもらいました。
その日、日本に帰国する日で出発までは自由時間で
警察へ行く事ができました。
 
警察では現地ガイドさんが通訳になってくれて
被害状況を説明し、盗られたもののリストを書き出しました。
自演ではないか、本当に盗まれたのかを確認するのに
カード会社で不正利用された時間と金額のメモを
提出して信用してもらいました。
 パスポートNO.も必要で、提示もしました。
 
ポリスレポートは、中国語と英語で発行してもらいました。
あとは帰国してからの手続きです。
 
今回被害にあったカード会社に連絡して
旅行先でスリに遭ってカードを不正利用された事を伝え
被害届を出す事になりました。
三井住友VISAカードはゴールドでしたので、
手続きはすんなりと行えました。
img_hanyo_main_visual_02_05b.png
海外旅行に行く時は、もしもに備えて昔は掛け捨ての旅行保険に
加入していましたが、今はカード付帯の旅行保険でいいやと思っていました。
実際、今まで何事もなく行ってこれたので。
 
今回、現金は戻ってきませんが
携行品の盗難ということで、盗まれたプラダのお財布の
補償はしてもらえました。
かなり昔に購入したものなので、購入価格の半分が戻ってきました。
新しいもので、領収書が残っていれば、もっと多く
もらえるそうです。
イタリア旅行の思い出は消えてしまいましたが、
ちょっとほつれたりして古くなっていたので
半額でも補償されれば御の字です。
 
 
JCBカードは年会費無料のカードだったので、
補償はすぐに承認されませんでしたが、
結局私は不正利用を支払わずに済みました。
 
 
被害に遭わなかったセゾンアメックスブルーカードですが、
こちらも旅行保険が付帯されているので、
何かあった時はカード会社を通して保険会社に相談できます。
card-blue.png
こちらはレンタルWi-Fiを借りる時1割引きになったり、
空港から帰宅する時手荷物1個を無料で宅配してくれるサービスもあるので
有り難く利用しています。
 
 
 今回の体験から
お財布の盗難に遭った時、まずやらねばならないのは
[かわいい]カード会社へ電話してカードを無効にしてもらう事。
(盗難対応は24時間なので)
[かわいい]不正利用されたら、時間と金額を聞いてメモを取っておく事。
[かわいい]現地の警察へ行き、ポリスレポートをもらってくる事。
[かわいい]お財布がブランド品だった場合、携行品盗難被害に入れる事。
 
そして帰国したらなるべく早くカード会社へ連絡して
不正利用被害の手続きをとることです。
 
この時は同行した友人に警察へのタクシー代を出してもらったり
当座のお金を借りたりして助かりました。
一人旅だったら日本円の小銭2000円ほどしか所持金がなく
無事家まで帰れるか?!ってところでした。
 
国際電話代も手痛い出費となりましたし・・・。
国内ならフリーダイヤルでも国外からだと電話代がかかりました。
 
 
旅行先では、長財布は狙われやすい(盗みやすい)ので
財布って形でないものにお金を入れると良いとの
旅行アドバイスもあります。
また、『現金は分散して持つ』ということも。
 
今回はパスポート、スマホ、カメラは無事だったので
不幸中の幸いだったかもしれません。
 
旅行慣れしてくると油断しちゃうものですから
今後は気を付けたいと思います。
 
 
冬のパリでは集団スリに囲まれるも、スリだと気付き
バッグのチャックを半分開けられましたが、事なきを得た私です。
財布とパスポートはコートの下のポシェットの中に入れてたのよ~ん♪
バッグの中はカメラとレンズしか入っていなかったのだ。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

[ ブログランキングへ投票! ]
↑ ぽちっとな ↑
よろしくお願いしま~す♪
 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ