So-net無料ブログ作成
声のお仕事依頼・商品レビュー依頼等、
各種お問い合わせはメールフォームからお願いいたします[るんるん]
mail_mark2.gif

「八重の桜」ゆかりの地を巡る旅⑥~会津武家屋敷~ [ ブロガーツアー会津若松2013.11]

ハンサムウーマン八重と会津博 
大河ドラマ館・会津満喫・東山温泉 2日間の旅
 
Part6は会津武家屋敷の見学です。
 
 
 
旅館「原瀧」を8:30に出発し、一行はバスで「会津武家屋敷」に向かいました。
東山温泉からは市内に出る道の途中にあります。
CIMG2791_s.jpg
入場料 大人850円 中高生550円 小学生450円(団体割引あり)
公開時間 8:30~17:00 (9:00~16:30 12/1~3/31)
 
CIMG2795_s.jpg
 ちょうど菊まつりの最中でした!!
 
 
CIMG2804_s.jpg
 
CIMG2807_s.jpg
 
見事な菊がいっぱいです。 これほど大量の菊の花をかつて見たことが無いです。
 
CIMG2867_s.jpg
 
 
ではお屋敷を見て行きます。
CIMG2809_s.jpg
 
CIMG2800_s.jpg
 
CIMG2817_s.jpg
 
 お庭も紅葉が見事できれいでした。
CIMG2816_s.jpg
 
鯉もいましたよ(*^_^*)
CIMG2813_s.jpg
 
CIMG2819_s.jpg
 
 
たくさんのお屋敷やお部屋が公開されており、全部ご紹介はできないです~~
CIMG2817_s.jpg
 
CIMG2821_s.jpg
 
CIMG2831_s.jpg
 
CIMG2840_a.jpg
 
CIMG2841_s.jpg
 
 お参りはしませんでしたが会津天満宮がありました。
CIMG2875_s.jpg
 
 姿三四郎のモデルになった西郷四郎像もありました。
CIMG2805_s.jpg
 
 
 水車の力で米をつく作業場。 実際に動いていました。
CIMG2849_s.jpg
 
CIMG2852_s.jpg
 
今でも住めそうですね。
CIMG2854_s.jpg
 
 土蔵を用いた会津歴史資料館。
CIMG2855_s.jpg
 
 本物の干し柿も吊るされていました。
P1090609_s.jpg
 
 
 
CIMG2864_s.jpg
 
CIMG2868_s.jpg
 
一族自害の再現シーンも。幼子までいて悲しいですね。
CIMG2870_s.jpg
 
 
 
ここからはお土産コーナーです。
 
CIMG2876_s.jpg
 
ステキな会津漆器を見て、うっとりしました。
P1090611_s.jpg
 
P1090612_s.jpg
  
これらの漆器は作品と言ってもいいくらい。
P1090613_s.jpg
 
P1090614_s.jpg
 
P1090610_s.jpg
 
P1090616_s.jpg
 
 
食品コーナーは昨夜お話を伺った郷土料理の品々がたくさん並んでいました。
説明を聞いたからこそ、理解が深まって良かったです。
 
CIMG2877_s.jpg
 にしんの山椒漬け
 
CIMG2878_s.jpg
「こづゆ」に欠かせない「豆麩」
 
CIMG2879_s.jpg
 「こづゆ」セット
 
CIMG2880_s.jpg
B級グルメなら「カレー焼きそば」
 
CIMG2881_s.jpg
あぶら麩もありました。(中国の油条みたいなもの?)
 
 
1周を回るのにこんなに時間がかかるとは思いませんでした。
とても見応えがありましたよ!!
 
次に向かうのは市内鶴ヶ城の近くの會津酒造歴史館(宮泉銘醸)です。
 
 
 
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ レビューブログのモニターに参加しています

「八重の桜」ゆかりの地を巡る旅⑤~旅館「原瀧」とおもてなし郷土料理~ [ ブロガーツアー会津若松2013.11]

ハンサムウーマン八重と会津博 
大河ドラマ館・会津満喫・東山温泉 2日間の旅
 
Part5は宿泊先の旅館「原瀧」
地元”会津若松市「八重の桜」プロジェクト協議会”のおもてなしの紹介です。
 
 
7:30過ぎに東京を出発してからようやくお宿へ。
宿泊先は鶴ヶ城より東方向にある東山温泉の旅館「原瀧」です。
CIMG2736_s.jpg
 
 
ロビーの様子。
CIMG2740_s.jpg
 
CIMG2784_s.jpg
 
CIMG2781_s.jpg
 
CIMG2785_s.jpg
 
奥にあるのは露天風呂からも見える滝なのです。(高さはないですが)
CIMG2789_s.jpg
 
お土産もたくさん揃っています。
CIMG2788_s.jpg
 
 
お部屋は四人部屋。(画像は原瀧さんからお借りしました) 
img_room_7.png
 
徹夜明けで1日行動していたら、お部屋写真を撮るのを忘れてしまった!
窓の下には渓流が流れ、緑が生い茂っていました。
 
 
お食事の前に一風呂浴びてきます。(画像は原瀧さんからお借りしています)
onnsen.jpg
 
東山温泉は、江戸時代には会津藩の湯治場として栄えた
いにしえより地元の人たちに愛された湯です。
原瀧は、その昔人気を集め社交の中心ともなった千人風呂を甦らせ、
古き良き湯の楽しみを今に伝えています。

会津では希少な自家源泉掛け流し露天風呂があります。
旅館名の由来でもある、豊かに流れる滝の風景を愛でつつ入湯しました。
 
img_spa_2.png
img_spa_3.png
 
ここのお湯は肌当たりが柔らかに感じました。 
 露天風呂は千人風呂から階段を降りて行かれます。
階段を降りる時が寒いのですが、露天風呂に入るとぬくぬくになります。
露天風呂から滝が流れ落ちる風景を眺めてあったまりました。
 
 
一息つく間もなく夕食です。宴会場へ移動・・・
せっかくなので浴衣を着てみました。
IMG_3721_s.jpg
簡単帯なんですがちと結ぶのが難しかった。
 
 
P1090536_s.jpg
 
P1090534_s.jpg
女将の御挨拶がありました。
 
 
さすが旅館だけに会席のしつらえなのですね。
IMG_3719_s.jpg
 ミニノボリは会津若松市「八重の桜」プロジェクト協議会(以後協議会)よりいただきました。
 
 
焼きホタテは出汁醤油で軽く火を通していただきます。
_1090526_s.jpg
 
エビ、イカのお造り。
_1090541_s.jpg
 
奥はエゴマ豚の豆乳鍋
_1090525_s.jpg
エビが乗っているのは胡麻豆腐です。 豆乳汁がめちゃうまでした!
 
 焼き物はカレイの照り焼き
_1090561_s.jpg
 
蓋物:信田巻
_1090563_s.jpg
 
 
お食事はじゃこ飯、香物、しじみ汁
_1090571_s.jpg
 
水菓子は季節のフルーツ
_1090576_s.jpg
 
 
 
 お食事しながら、協議会の方によるプロジェクターを使ったプロモーションがありました。
_1090542_s.jpg
 ドラマの舞台が会津若松という事で町おこしとしてタイアップしたそうです。
やはり東日本大震災での観光客離れが深刻な問題になっていたから。
 
_1090544_s.jpg
 
_1090547_s.jpg
このプロジェクトにより大河ドラマ館は大盛況で、 入場制限を余儀なくされた事も。
 
 
会津の食文化について教えていただきました。
 _1090551_s.jpg _1090552_s.jpg
 
_1090554_s.jpg _1090556_s.jpg
 カレー焼きそばは初耳です。会津の人々はかなりのカレー好きだそうですよ。
 
 
こちらの名物はみそ田楽以外この後実際にいただく事になりました。
_1090558_s.jpg 
 
名物物産品もどれも有名ですね。
_1090565_s.jpg
起き上がり小法師は必ず買う時に起き上がるか確認してね、という事でした。
 
 
最近はやりのプロジェクションマッピング。
鶴ヶ城でも今年3月にイベントが開催され多くの観客が殺到したそうです。
_1090566_s.jpg
 映像の一部を拝見しましたが、素晴らしかった!!
全貌を見てみたいと思いましたね~
 
_1090569_s.jpg
 オススメ品、こちらも後で味わうことに・・・
 
 
食後に場所を郷土料理店「鶴我」に移動して協議会の方々との懇親会がありました。
CIMG2745_s.jpg
 ホテルから離れた市内にあるお店です。
(元娯楽施設だった「大統領」というお店がお休みだったからこちらになったとか)
 
 
会津会席を出すお店なのですね。 お雛様のお膳のようなご馳走です。
CIMG2750_s.jpg
ナスの煮物、柿、そら豆、サツマイモのレモン煮、青菜の浅漬け。
 
泉川という日本酒のおふるまい。
CIMG2759_s.jpg
 
かんぱ~い!
CIMG2762_s.jpg
 
乾杯の後は磐梯サイダーをば。
CIMG2756_s.jpg
 
 
こちらのお店では次々と郷土料理をいただきました。
 
見事な赤身の馬刺し。
CIMG2765_s.jpg
 こんな大きな塊の馬刺しは初めてです。
臭みもなく柔らかくて美味しかったです。
 
にしんの生姜漬け。
CIMG2766_s.jpg
身欠きにしんを戻して生姜汁に漬け込んで作るのですって。
生姜味は好きなので、気に入っちゃいました!
 
まんじゅうの天ぷら。
CIMG2768_s.jpg
 揚げまんじゅうではないとの事ですよ。
 
 スルメの天ぷら
IMG_3726_s.jpg
 柔らかく戻っているスルメはふっくらしており、味もついているのでそのまま食べられます。
これも初めての味! 美味しかった!
 
人参(朝鮮人参) の天ぷら。
CIMG2773_s.jpg
 ああ~朝鮮人参の味だ。 会津でも作られているのですね。
 
こづゆ
IMG_3729_s.jpg
 これも初めての味。 干した貝柱でお出汁を取り
根菜、糸こんにゃく、きくらげに豆麩(まめぶ)をいっぱい浮かせています。
昔から祝い事なとの冠婚葬祭のご馳走として食べられてきたそう。
上品な薄味ですんごく美味しかった!!
 
このツアーで感じた事は汁もの全てがとっても美味しかった事です[揺れるハート][揺れるハート]
なぜだろう? お水が美味しいからかな?
 
そしてサプライズのプレゼントをいただきました!!
 
ホテルでのプレゼンでお聞きした鶴ヶ城のプロジェクションマッピングのDVD!!
IMG_3723_s.jpg
 全容が見てみたい!と思っていたので、これは嬉しかったです~~ヽ(^o^)丿
 
 
おもてなしを受けた後ホテルに戻りました。
何度も書いていますが、徹夜明けでツアーに参加しているのでかなりヘロヘロです。
でもっ! 寝る前に温泉には入る!!!
 
 
 
せっかく温泉旅館に来たのですから、3回は入湯したい。
という訳でお化粧を落として露天風呂に入ってあったまり1時半頃就寝・・・
 
 
[いい気分(温泉)] [いい気分(温泉)] [いい気分(温泉)] [いい気分(温泉)] [いい気分(温泉)]
 
 
翌朝出発が8:30と早いので6時には起きたかったけど起きられず。
それでもがんばって6:30には起きてまた温泉へ。
朝風呂最高!!
 
まだ汗が引かないまま朝食会場へ向かいました。
P1090606_s.jpg
 写真は少人数グループ用の席。
間接照明で落ち着いた雰囲気の会場で、ビュッフェスタイルの朝食です。
P1090605_s.jpg
 
 
漬物類だけでもこんなに!!
P1090591_s.jpg
 
 
P1090584_s.jpg
 
P1090589_s.jpg P1090604_s.jpg
パン食もあります。 パンも美味しかったって。
 
P1090587_s.jpg
 
こづゆと白菜と厚揚げの煮びたし
P1090600_s.jpg P1090598_s.jpg
 
 
朝からガッツリです(笑)
P1090593_s.jpg
 
ご飯とお野菜類がとっても美味しかったの。
 IMG_3734_s.jpg
カラフルなお皿になりました。
 
 
旅館のこづゆも食べてみましたが、鶴我さんの方がホタテ味が強くて好みでした。
 
 
 時間に追われ、ゆっくり寛ぐ事はできませんでしたが
「原瀧」さんでは温泉とお食事を堪能させていただきました!!
 
 
旅館を出発後の2日目は、「武家屋敷」の見学から。
 
 
 
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ レビューブログのモニターに参加しています

「八重の桜」ゆかりの地を巡る旅④~七日町、中野竹子像~ [ ブロガーツアー会津若松2013.11]

ハンサムウーマン八重と会津博 
大河ドラマ館・会津満喫・東山温泉 2日間の旅
 
Part4は七日町散策と中野竹子像の紹介です。
 
 
雨もしとしと降ったり止んだり、生憎の空模様です。
次の観光は「七日町」 ”なぬかまち”と呼ぶのが正しいそうで。
鶴ヶ城より北西に少し行ったところにあります。
JR只見線・七日町から東西に750mの通りが「七日町通り」です。
 
ここは毎月七の付く日に市が立ったことから名付けられた古い町で
城下の西の玄関口だったそうです。
住民協定によって昔の建物・街並みを残す活動を行っています。
 
ここは自由散策で小一時間ほど通りをぶらぶらしました。
往復しても30分ほどです。
 
 
京町屋のような趣のある民家。
CIMG2690_s.jpg
 
会津名物の絵ろうそくのお店がありました。
CIMG2691_s.jpg
 
 ちょっと気になった「会津新撰組記念館」に入ってみることにしました。
建物は「骨董むかしや」さんです。
CIMG2692_s.jpg
1階はグッズ販売、2階が展示室になっています。
入館料は200円だったかな。
 
 新撰組だけど、三角白ヌキの地色が赤いの。
CIMG2693_s.jpg
 只今の展示は「大河ドラマから見る 八重と新撰組の戊辰戦争」
 
展示室は撮影NGでした。
個人収集された幕末~明治初期の銃の展示が多かったです。
こちらの展示品から「八重の桜」 に貸し出しされた銃や
レプリカがドラマにも使われました。
 
 
会津バーガー ラッキー・スマイル
CIMG2694_s.jpg
よく見ないとバーガー屋さんて気づかないかも~。
 
 
 こう見えてスポーツ用品店です。
CIMG2696_s.jpg
 
 
こちらは何だったかな? 看板が出ているから飲食店のようです。
CIMG2700_s.jpg
 
鶴ヶ城みたいな作りのお店。
CIMG2702_s.jpg
 店名の文字が難しくて読めません~~
CIMG2703_s.jpg
 
民家の前にポツンと石碑が立っています。
「清水屋旅館跡」 土方歳三さんの写真もありますね。
CIMG2706_s.jpg
 
 
ここは野口英世青春通り。
かの野口英世博士が15歳~19歳までの青春真只中を過ごした町です。
CIMG2709_s.jpg
 
会津壱番館=野口英世青春館です。
CIMG2711_s.jpg
今はコーヒー店ですが、この建物が野口英世が手の手術を受け
青春期に医学を学んだところ。
 
ここから折り返しました。
 
 
初恋の駅ですって! バス停なんですよ。
CIMG2716_s.jpg
 
 
重厚な趣のある建物は、綾瀬はるかさんがカメラのCMでロケを行ったという白木屋さん。
会津漆器のお店です。
CIMG2717_s.jpg
 
 中に入ればよかったナ・・・。
CIMG2718_s.jpg
 
 
 シャッターが閉まっていましたが、壁面に文字が入ってる建物です。
CIMG2719_s.jpg
 
 
「レオ氏郷南蛮館」
CIMG2720_s.jpg
石の小物を扱っているお店です。
 
 
「七日町市民広場」
CIMG2721_s.jpg
 雨が降っていなければここで一休みしても良かったな。
イベント会場にもなる広場です。
 
 
 「阿弥陀寺」
CIMG2722_s.jpg
鶴ヶ城本丸から移築した「御三階」や戊辰戦争で戦死した1281体の東軍墓地、
新撰組・斉藤一の墓、盲目の武芸家・黒河内伝五郎の墓などがあります。
貴重な資料の展示室もあるそうですよ。
 
 
「七日町駅」
CIMG2724_s.jpg
 
踏切から七日町駅ホームが見えました。
CIMG2725_s.jpg
この踏切までが七日町通りです。
 
レトロな街並みが好きな方には堪らない通りなのでは?って思いました。
時間があったらカフェやお店にも入って中の様子も見られれば良かったな。
 
 
 
七日町を後にして、1日目最後の見学地はここ、
八重と共に幕末に会津で活躍した娘子隊軍隊長「中野竹子女史殉節地」です。
 
IMG_3715_s.jpg
 
バスを降りて住宅街の中を進むと、ちょっと広場がありその奥に像が立っています。
CIMG2733_s.jpg
 柵の中に像が立っています。
勇ましく薙刀を構えている様子ですね。
CIMG2728_s.jpg
 
アップで。
CIMG2735_s.jpg
 
「武士の猛き心にくらぶれば 数には入らぬわが身ながらも」
この辞世の句を書いた短冊を薙刀に結び付け、竹子は壮絶な最期を遂げました。
CIMG2731_s.jpg
 
まだ二十二歳、どんな覚悟で戦ったのでしょうね。
 ・・・・・・
 
 
1日目の観光はここまで。
バスは東山温泉のお宿「原瀧」 へ向かいました。
 
 
 
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ レビューブログのモニターに参加しています

「八重の桜」ゆかりの地を巡る旅③~大河ドラマ館~ [ ブロガーツアー会津若松2013.11]

ハンサムウーマン八重と会津博 
大河ドラマ館・会津満喫・東山温泉 2日間の旅
 
Part3は新島八重子像と大河ドラマ館の紹介です。
 
 
 
鶴ヶ城を後にした一行が次に向かったのはお城にほど近い
「大河ドラマ館」です。
 
ここは歩いて行ける距離。
CIMG2675_s.jpg
 
 
と、その前に「新島八重像」 を見学しました。
 
見事に赤く染まったもみじを背に立つ新島八重像。
P1090509_s.jpg
 
今回のバスツアーのテーマである新島八重は、
会津藩の山本家の三女として生まれ、兄山本覚馬より洋式砲術を学ぶ。
幕末・戊辰戦争ではスペンサー銃で戦闘に参加。
幕末のジャンヌ・ダルクとも呼ばれています。
 
IMG_3711_s.jpg
 
 
では大河ドラマ館へ参りましょう。
IMG_3712_s.jpg
こちらは期間限定の公開で、来年・2014年1月14日までの開催となっています。
 
 
おやおや! 入り口前で領主様と遭遇しちゃいました!!
CIMG2679_s.jpg
 なんか背景が駐車場ですみません・・・(^^ゞ
 
 
「大河ドラマ館」
P1090511_s.jpg
開館時間:8:30~17:00(最終入場16:30)
入館料:大人500円、小人200円(団体割引等あり)
 
 
 入口脇にあった砲筒。この大きさじゃ大砲じゃないよね?
_1090514_s.jpg
戊辰戦争が1868年~なので 145年くらい前に使われていたのですね。
 
 
入ってすぐに「八重の桜」の登場人物紹介がありました。
_1090515_s.jpg
 
八重が使っていたスペンサー銃(ドラマで使用されたものだったかな)
_1090518_s.jpg
 
黒木メイサさん演じる中野竹子の薙刀
辞世の句の札が巻き付けてありました。
_1090517_s.jpg
 
 
左:中野竹子の戦闘衣装、右:八重の籠城シーンでの戦闘服
_1090519_s.jpg
 
 
明治・京都編 左:新島襄の衣装、右:新島八重の衣装
P1090522_s.jpg
 
 
 この大砲はドラマの北出丸での戦争シーンの一角に入り込める疑似体験コーナーにありました。
P1090520_s.jpg
 
 
館内は撮影禁止ゾーンもあり
そこにいい展示があったので紹介できなくて残念ですぅ・・・
 
その1つ、スペンサー銃射撃体験コーナーがあってね、
重さ4キロの銃で射撃してみました。(レーザー照射の射撃です)
重くて腕がぷるぷるしそうだったけど、見事命中しました!!
 
 
 パンフレットに撮影禁止コーナーの紹介も載っていますので
雰囲気だけでも味わってくださいね。
CIMG2687_s.jpg
 
CIMG2688_s.jpg
 
 特に見て欲しいのは綾瀬はるかさんが番宣のポスターで羽織っている桜のうちかけです。
鮮やかなピンク地に薄紅色の桜が刺繍されていてとってもきれいでした。
CIMG2689_s.jpg
 
 
ぐるりと1周見終えたところにお土産の売店があり、覗いてみました。
 
八重さんにちなんだお酒が多かったです。
CIMG2682_s.jpg
 
 
 この後は・・・1日目の最後の観光地「七日町」へ向かいます。
 
 
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ レビューブログのモニターに参加しています
[ ブログランキングへ投票! ]
↑ ぽちっとな ↑
よろしくお願いしま~す♪
 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ