So-net無料ブログ作成
声のお仕事依頼・商品レビュー依頼等、
各種お問い合わせはメールフォームからお願いいたします[るんるん]
mail_mark2.gif

1本80円~コスパ最高!大阪スタイルの串揚げ「名代千代勝」@人形町 [グルメ]

大阪の友人とメールのやり取りで
串揚げ食べた~いと思っていたらグッドタイミングで
東京のお友達から串揚げ屋さんへいかない?って
誘われちゃったので、二つ返事で行ってきました!
 
人形町駅と水天宮前駅の間くらい。
やや水天宮前駅に近いそのお店の名は・・・
 
名代 千代勝 人形町総本店
DSC_2514_s.jpg
 まだ明るい内に一番乗りな私達。
 
いかにも!という店構えです。
DSC_2515_s.jpg
 
店内はオシャレなお店とは対極な、いたってラフな雰囲気。
そこがまたTHE串揚げ屋さんって感じです。
DSC_2522_s.jpg
 
DSC_2543_s.jpg
 
お店の「こだわり」を見ると期待感が高まりますね。
DSC_2542_s.jpg
 
 
1枚にまとまった超分かりやすいメニュー。
DSC_2534_s.jpg
 串カツ1本80円~ですよ!!!
そして特選8本盛り以外オール1000円以下!!!
 
ドリンクもお手頃価格です。
DSC_2533_s.jpg
 
さあ、お目当ての串カツをお好みでオーダーしましょう。
いくつかまとめてオーダーすると、厨房では
オーダーを受けてから仕込んで揚げてくれるみたい。
 
お通し代わりのザク切りのキャベツとキムチ。
キャベツはお代わり自由です。
左の四角い深バットの中身は特製ソースです。
DSC_2517_s.jpg
 
そう、『ソースの2度づけ御法度』とテプラが貼ってあります。
DSC_2516_s.jpg
串に付けたままじゃぶじゃぶするのはOK!
1度かじってからもう1回つけるのはNG!
ウスターソースをお出汁で割っているのかな?
じゃぶって付けても決してソースがしつこくなく
串揚げが食べられます。
 
 
エビちゃんに、鴨つくね、アボカドだったかなぁ・・・
後で見ると衣が付いているため中身が何かわからなくなりますね(^^ゞ
DSC_2539_s.jpg
 この衣・・・ホント細かいパン粉を使ってるから
揚げ油の含みが少なくて、とっても軽いんです。
素材も新鮮で、さっと短時間で揚がってるみたい。
 
極太アスパラはお友達と半分こ。
すっごい立派なアスパラガスでした。
DSC_2519_s.jpg
 
アスパラ、ソースにつけま~す♪
DSC_2525_s.jpg
 
オーダーしたものがじゃんじゃん運ばれてきました。
 
イカみたいな形は淡路玉ねぎ。
玉ねぎ、安いし美味しくてシアワセ~~♪
DSC_2520_s.jpg
 
丸っこいのは特大ホタテ貝。
DSC_2530_s.jpg
添えられているタルタルソースは自家製なのかな。
タルタル自体も美味しいんですよ。
ソースとタルタルを一緒に付けて食べても美味しかったです。
 
これは半熟たまご120円。
DSC_2526_s.jpg
 
黄味がとろ~りと見事な半熟加減です。
DSC_2528_s.jpg
 
 串揚げ以外のものもオーダーしてみました。
 
ポテトマチーズ焼き 480円
DSC_2538_s.jpg
 シンプルな鉄板焼きなのがいいわぁ~
山盛りでボリュームあります。
 
レバー焼きだったかな。
DSC_2536_s.jpg
鉄板焼きも色々あり、380円・480円とお手頃なので
オーダーしちゃいますよね。
鉄板焼きはあえて薄味に仕上げてあるそう。
テーブルに岩塩が置いてあるのでお好みで。
 
 
隣のテーブルのグループは
お食事メニューをオーダーして、サクっと夕飯を済ませて帰っていきました。
 飲み主体でなくてもいいんですね。
 
ランチ営業もやってます。
 
串カツが食べたくなったらまた行ってみよう!
 
 



関連ランキング:居酒屋 | 人形町駅水天宮前駅浜町駅


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「3月のライオン」完成披露試写会へ行ってきた!#スカパー映画部 [シネマ]

羽海野チカ原作の「3月のライオン」
ただ今アニメも視聴中でコミックも読んでいます。
 
そして今度は実写版の映画化!!

2月22日に行われた完成披露試写会に当選して
東京国際フォーラムAホールで行われた試写会を見てきました!
SWCS1254_s.jpg
 
「君の名は。」で声優としても大活躍の
神木隆之介くんが桐島零役で主演です。
神木くんも23歳になったんですね。
千と千尋の「坊」や、ハウルの「マルクル」の子供声が懐かしい・・・。
でも高校生役がハマっていました。
小柄だから良かったんでしょうね。
 
本作は前後編の2部作で、前半は2時間を超す上映時間。
原作の獅子王戦・新人王戦のくだりまで描かれています。
 
なかなか原作に忠実ながら、限られた上映時間なので
ハイスピードで物語が進んで行くなぁと感じました。
印象的なエピソードは入っているので
ああそうだと思いながら、原作とアニメを
反芻して見ていました。
 
 
試写の前は監督と出演者の舞台挨拶がありました。
クロストークの場を任された神木くん。
よくしゃべるわ仕切るわで大活躍でした。
これだけ話せたらトーク番組などもバッチリじゃないですか!
モモ役の新津ちせちゃんも一生懸命御挨拶して
前田吟さんに頭をなでなでされていました。
用意されたご飯が美味しくて、ご飯シーンではテストと本番で
いっぱい食べてしまったのですって。
 
また棋士役の皆さんは
対局シーンはずっと正座で座りっぱなしで
足が痺れて辛かったそうですよ。
 
 
キャストのイメージもよく合っていました。
特に良くできてるのは、染谷将太演じる二階堂晴信!!
ボドロ体型の再現性は圧巻です(笑)
特殊メイクで作るのに2時間、落とすのに1時間半かかるそう。
IMG_7493_s.jpg
トークでは佐々木蔵之介さんとはメイクした状態でしか
現場で顔を合わせていなかったといい
舞台上で、素顔では初めましてと
挨拶していましたよ~。
 
前篇は3月18日公開、後編は4月22日公開です。
 
原作がまだ完結していないのですが、
後編は羽海野チカ先生から監督が構想を受け取って
ラストを描き出したんですと!!
 
どんな終わり方をするのか気になる~~~
 
後編は平和だった3姉妹のいる川本家に波瀾が起きます。
どうなってしまうのか、見たい!!
 
原作を知らないというお友達も
「見て良かった」という感想でした。
 
封切りが楽しみです。
 
 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
[ ブログランキングへ投票! ]
↑ ぽちっとな ↑
よろしくお願いしま~す♪
 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ